パズルピースがこんなとこ

ブレーキシュー調整

自転車で一番重要な部品は何か、と問われれば、
それはもう間違いなく、
「ブレーキ」
なわけですが、
コレのシュー調整って、結構難しいんです。

それを簡単にできるアイディア工具が、
Tacx(タックス)のブレーキシューチューナーです。
写真の青いヤツ。



一時期、供給が間に合わなさ過ぎて、
どこでも売り切れ御免の一品でした。

最近、(なのかな?)
ジャグワイヤーのブレーキパッドチューナーという、
同様の工具が発売されています。
写真の黄色いやつです。

コレ、いいですよ。

実はTacx版は、使い勝手がよくありません。
少なくとも自分にとっては。
大ぶりで、フロントフォークに干渉することがあるし、
リムへのセットも少し手間です。
重大な問題は、
リムに引っ掛ける爪が小さくズレやすいことと、
自分の使い方が悪いのかもしれませんが、
ブレーキシューの位置が、かなりタイヤ側にセッティングされること。
ギリギリ大丈夫ですが、
シューがタイヤに接触しそうになります。

でも、簡単にトーイン調整ができるのが、
この工具だけだったので、
ありがたく使っていたんですが。

ジャグワイヤー版。
後発だからか、Tacx版のネガをつぶすように仕上がっています。
リムに引っ掛ける爪も大きめで、ずれる感じがありません。
シュー位置もばっちり決まります。
分割されているので、一見使い勝手が悪いように思えますが、
左右でチューナーの位置が多少ずれていても、
シューのリムとの隙間からすれば、コンマ何ミリの話です。
たいして気にする必要はありません。
シマノのブレーキアーチなら後から簡単に調整できます。

そして何より、値段がTacx版の1/3くらい。
これから工具をそろえる人にとっては、
まず躊躇する必要のないくらいの値段のはず。

ひとつ、+αの使い方。
リムに両面テープで張り付けて使いましょう。
Tacx版はそんなことしなくていいように、
あの形にして、
それゆえ、多少の使い勝手の悪さを招きましたが、
ジャグワイヤー版は、そこは割り切ってきた感じです。
なので、
両面テープで唯一のネガをつぶしてやれば、
完璧なご機嫌工具になります。

何となく気の重かったブレーキシューいじり。
コレで、
イジリたくなること必至。

ただし、左右を間違えないように。
トーイン、逆になっちゃいますからね。
Tacx版はローテーション方向が書いてありましたが、
ジャグワイヤー版はコストを下げるためかモールドのみ。
自分で、マジックなんかでローテーション方向を書いておいてやると、
より完璧ですね。




2012/04/11(水) /  イジリ

- Page Top -

プロフィール

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ