パズルピースがこんなとこ

アイオロス組み立て・その4

まずはハンドルの組み立て。

フツーはこんな手間無いんですが、
使いたかったハンドルとステムの関係で作業が発生。

用意したハンドルの径が26.0。
いまどき26.0クランプのステムなんか、ほとんどありません。
「迷ったらリッチー」にはありますが、
いつもリッチーなので、今回はあえてリッチー外し。

で、シムの出番。



今回、組み付けるパーツ。
シムばっかりですね。




使うハンドルには横方向のガイドが刻んでなかったので、
自分で刻みます。




横方向の点々が、自分で書いたもの。




シムが左右に動くと非常に作業性が悪いので、
自分で書いたガイドに合わせて、ビニールテープを巻き、
横方向にずれるのを防ぎます。
これで、フツーのハンドルみたいに作業できます。




このステムのボルトは、チタンなので、
チタンプレップをたっぷり塗布。




トルクレンチでしめます。

この後、ビニールテープをはがして出来上がり。




青いほうがチタンプレップ。
チタンパーツ用のグリス。
上のチューブは、カーボンパーツ固定用です。
使う予定がなくても、ともに用意しておくと安心ですよ。

今回も、スレッドコンバータ、使用。

ホントはアヘッド化するつもりだったんですが、
手配したフォークがちっともやってこないので、
まずはスレッドのままで組み上げます。

ちょっと重くなっちゃいますが、
スレッドステムよりは少しマシ。

STIブラケットは、
漫画の例のやり方で、ハンドルにつけます。
ハンドルの精度が悪かったりすることもあるので、
念のため、ブラケットに定規を渡して、水平儀で確認。


写真撮るの忘れてました。




2012/03/10(土) /  イジリ

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ