パズルピースがこんなとこ

グランフォンド丹沢・その1

てなわけで、
行ってきました、
「グランフォンド丹沢 ~ヤビツ峠~」

走行距離145km、
獲得標高2677m、
制限時間12時間。

走行距離も獲得標高も
今の自分には大問題。

獲得標高ヤビツ4本分ぴったり。
キツー。

コースはメンドくさいので
イベントHPを見てください。

仲間と2人で参加。


2012年に出走した
グランフォンド軽井沢は
エイドステーションが4つでしたが
このイベントはエイドステーションを兼ねた
チェックポイントが途中10カ所。

スゴイ安心感。

事前には雨予報もついた当日、
雲が多めなれどちょうど良さげな天気。

ハルヒル、あずみのセンチュリーライド、佐渡ロングライド、
おまけに場所が離れすぎてるから問題ないとはいえTOJと
日本を代表する自転車イベントがひしめき合うこの日、
エントリーしてるのが自分たち2人だけだったらどうしよう、
と不安を抱きつつ会場のカルチャーパーク入り。

結構、人がいてビックリ。



この日開催の参加型4イベント中
一番ジミで、一番知名度が低く、
おそらく一番キツいこのイベント

コッチにやってくる おかしな人が
こんなにいるもんだなぁ、としばし感嘆。



5時、出走開始。



ただしヤビツまでは先導がつくようで
信号毎に足止め。

こんな感じ。


まあ仕方がないですね。


ヤビツへは
246号名古木側からではなく
農免道路を使って藤棚へ入るルート。


と、その農免道路でパンク。

初っ端からトラブル。

タイヤに残留物がなく目立った傷もなく
チューブにもわかりやすい傷がなく。

誰かが落としたゼッケン用の安全ピン?

そそくさとチューブ交換。

コーダブルームのサポートカーの皆様に助けてもらいました。
フロアポンプのおかげで迅速に復帰。

でもこのパンクのおかげで
ロングコースグループどころか
ショートコースグループの最後尾から
追走する状態に。

ニンゲンやればできるモンです。
気合が入ったせいか
いつもよりかなり速いスピードで登坂。

菜の花台のチェックポイントで仲間となんとか合流。



仲間と一緒にヤビツを上がります。



右手の指が自由に動かないので
昔よりカメラ操作が3倍くらいの時間かかります。
当然、危ない時間が増えるので
走行中の写真は少なめ。

もうここはコーナーから斜度からわかっているので
難なくチェックポイントへ。



ていうか
メチャ寒いんですけど。

慌ててウインドブレーカーを着こんで
裏ヤビツを走って次のチェックポイントを目指します。

丹沢ホームへの分岐位置に温度表示がありますが
表示「10℃」

マジか。

知らなきゃよかった。

ここのところの数日のバカ陽気ですっかり
油断してました。

チェックポイントCP-04到着。



ミネストローネをガタガタ震えながら頂きます。
ありがた。

ここの段階で足切りまで30分。

やばい、
意外と余裕がありません。

ここから道志みちの上りに入っていきます。





2018/05/21(月) /  イベント

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ