パズルピースがこんなとこ

DDON・003

「ドラゴンズドグマ オンライン」

もともとオフラインゲーだった、
「ドラゴンズドグマ」
「ドラゴンズドグマ・ダークアリズン」
をオンライン化した、
というような位置付けのゲームなわけですが。

「ドラゴンズドグマ・ダークアリズン」(以下DDDA)は、
「ドラゴンズドグマ」(以下DD)の新作扱いではなく、
シナリオ追加、バランス調整、各種改良をした DDの+αバージョンです。
なので、
システムはDDもDDDAも違いはありません。

自分はDDは未プレイで、
DDDAが出てから ドグマワールドに入りました。

このドグマ、
ドグマをドグマたらしめているのが
「ポーン」というシステムです。

これがポーン。



ポーンはAI のパーティキャラです。
上のはDDDA2周目時の自分のポーン。

RPG系で 自分のキャラクリエイトを出来るものは いっぱいありますが、
「お供」のキャラクリができるのはそんなにないはず。

基本、RPGゲーのお供キャラは、
「吊るし」から選ぶことになるわけで、
それはそれで悪くはないですが、
自分で作れる、となればやってみたくなるのは人情というもの。

自分の好みのオニャノコ(オニョコでも可)を従えて、
冒険の大地へゴー、というわけですね。

また ポーンの設定が秀逸。
人の形をした人外の存在。
人の心を理解せず、学習能力も低く、
AI 的な融通の利かないおバカ行動をされても、
「ポーンだし」
と笑って許すしかない存在。

いい設定だなぁw



おバカだけど
飛んでるモンスターがんばって撃ち落とすの図。

DDDAでは、
自分(覚者さま)とポーン1体を作成し、
ほかのプレーヤー覚者さまが作成したポーンを
ネット経由で2体借りて、
4人編成で
冒険の地を走り回ることになります。

この
ほかの覚者さまの従えているポーンを借りる、というのも
甘美をともなう背徳感があって
非常にいいシステムでした。





2016/10/04(火) /  ゲーム

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ