パズルピースがこんなとこ

明神峠-三国峠

アイオロスのタイヤがバーストした日は、
神奈川、静岡、山梨の県境を通過する、
明神(みょうじん)峠、三国(さんごく)峠を登るつもりでした。

三国(みくに・さんごく)峠という名前は、
Wiki によれば、3つの国境にある峠につけられるよくある名前で、
日本全国にいっぱいあるそうです。

オイラが目指していたのは、
静岡県道147号、山中湖小山線。

関東の誇る、変態チャリ乗り用ルート。
関西の誇る暗(くらがり)峠ほどおかしくはなさそうですが。

結局あの日は、登ることができなかったので、
今シーズン中に何とか一回、行っておきたく、
今日、出撃しました。

これより、冬が深くなると、
もうとても登れないと思われるので、
ギリギリのタイミングです。すでに遅いかも。

前回はおひとり様突撃でしたが、
今回は、仲間を3人巻き込みました。


前回と同じく、登坂直前にあるコンビニで補給。
ここから先、山中湖まで補給は期待できません。

県道394号を右折して147号へ。
すでにヤな感じの登り。


この峠、7km少々で高度差700mを登ります。
平均斜度が10%超えてるってことですね。

途中16%だの18%だのが延々続きます。

なんとかアシをつかずに三国峠まで行こうと思ってましたが、
明神峠を越えた所の16%の坂でココロが折れました。

残り距離3kmくらい、ずっとこんなのが続くのかと。

ココロが折れたところ。


でも、走ってみたらこのすぐ後からは、
10%を超えるような坂はほとんど出てきませんでした。
もう少し頑張ればよかった。

とは言っても、
16%のようなきっついところ、
後半のほうは、ほぼ直登できずジグザグに登っているので、
「この峠を登った」と言うにはちょっと無理があるかな。
なんとか越えた、という程度ですね。

三国峠手前は、こんな。

凍りついていなかったのが幸い。


三国峠。

このあと、山中湖へ降りて、メシ。
寒いときは、とにかく飯を食わないと話になりません。

山中湖の周りはバイクに乗ったサンタさんでいっぱい。

知りませんでしたが、どうやら風物詩のよう。
ヤエー。

帰路は、
籠坂(かごさか)峠を越えて、御殿場から246号入り。
籠坂峠は気温0℃でした。


246号は決して走りやすい道ではないんですが、
他に道がないので我慢して使うしかないですね。
そのうちちゃんと側道を調べよう。






2012/12/23(日) /  ツーリング

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ