パズルピースがこんなとこ

GF軽井沢2012・その2

第2エイドステーションを出発。

このころから陽がさしてきて、
気温も上がってきました。

ご機嫌な道の、
下ったり登ったりが続いた後、
ご褒美的なダウンヒル。

下りでもウインドブレーカーが必要ない感じです。




このあたりまでくると、
かなり人がバラけてきて、
前後に誰もいなくなっちゃいました。
ミスコースしてないか不安になります。

道路標識をみると、
向かってる方向は間違っていないはずなので、
それを信じて下ります。

下りきったあたりの信号待ちで、
後ろから来た人達と合流。
トレインに混ぜてもらって走ります。

普段、一般道であんな速度のトレインなんか組む機会がないので、
へたっぴで緊張しますよ。
ご迷惑をおかけしたと思います。

でも助かりました。

集団走行がめちゃくちゃ楽しくて、
第3エイドステーションへ到着。




第3エイドで、塩ようかんをもらってほっと一息。

ここから、地味にまたアップダウンが続きます。




このあたりで、先行していたけど、
ミスコースで余分に登るはめになり、
その復帰でアシを使っちゃった仲間と合流。
一緒に小諸方面へ向かいます。

このころ風が出てきました。
向かい風。

登ってないのに、登りと一緒。
写真はありませんが、
めちゃくちゃきれいな、延々まっすぐ続く道の、向かい風。
県道なのかな?
いやあ、削られました。

まあ、風は主催者が意図したものではないんでしょうけど。
自然まで、主催者の意図をくみ取りますよ。

その道からそれて田舎の細い生活道路へ。
最後のエイドステーションへ向かいます。
コレがまた、意地悪な登り。




写真でも何となく、斜度がわかりますよね。
斜度計では10%しか表示されませんでしたが、
もっとあるような。
疲れてるってのもあるんでしょうけど。

第4エイド以降は、
目立った登りがないので、
最後のコンジョーで登ります。




第4エイドへ到着。
いなりずしをもらって、最後の区間を走りますよ。

ここから先がまた、
ロードにここ走らせるか?というような道。
林道なのかな?
車1台分幅の道、
落ち葉、砂利、ぬかるみ、水たまり。

雨が降ってたら、もっと大変。

とにかく滑って転ばないように、
ラインに気を配って走ります。

ただ、風の影響を受けずに済んだのは幸い。

しばらく走って、
出発地点の軽井沢へ。

ゴール。




6時間38分でした。

今の自分にしては上出来かな。
ホントにこのコースなら9時間かかると覚悟してたので。

速い人は5時間ちょっとで走るって聞きました。




今回のアイオロス装備。
でかいライトを外して、
ベントーBOXを載せたくらい。



いや、まあ、いいイベントでした。
補給もしっかりしてるし、
何よりコース設定が絶妙。

日本で体験できるほぼ全てのシチュエーションが盛り込まれているんじゃないか、
と言ってもいいくらい。
それからすると、
第4エイド後の林道もアリなのかな、と。

公式ホームページの更新が遅かったり、
その内容が適当だったり、
走行時は、
ルート案内の看板が少なかったり、
問題がないわけじゃないんですが、
一度走ってみる価値がありますよ。

めちゃくちゃ楽しかったです。





2012/06/04(月) /  イベント

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ