パズルピースがこんなとこ

KOH富士山2013・写真その3

その3。
コレでおしまい。




















2013/09/30(月) /  イベント

KOH富士山2013・写真その2

その2。
























2013/09/30(月) /  イベント

KOH富士山2013・写真その1

「キング・オブ・ヒルクライム富士山2013」の写真。
写っている人はもらってやってください。

そーいや、
2年前の富士ヒルの写真、まだ消してないや。
まあいいか。
























2013/09/30(月) /  イベント

KOH富士山2013

行ってきました、
「キング・オブ・ヒルクライム富士山2013」。

今回は仲間3人と。

まずは前日受け付け会場へ。
展示ブースや物販を期待していったんですが、
「なにもない」と言っていいくらいの状態。
まあ仕方がないですかね。

なにはなくとも神頼み。

2礼2拍手1礼。

当日、駐車場。
寒いです、マジで。


選手整列。
陽が差してきて、暖かくなってきましたよ。


スタート地点へ移動します。

この移動自体で、距離4km、200mを登ります。
なんてマゾ。

スタート地点。


自分のクラスは U-50。
同クラスの人たちと整列。
第2スタートグループです。

で、ちょいとトイレに行きたくなったので、
「さくらの園」のトイレへ同じクラスの仲間と移動。

タイム計測、どうせ、
「Mt.富士ヒルクライム」と同じ、
スタートラインを通過した時間と ゴールタイムから計算する、
ネットタイム方式、と思っていました。
計測チップ 付けているので。

クラススタートに間に合わなくても問題ないだろ、
という見込み。

戻ってくると案の定、
第2スタートグループはとっくに出発しちゃってて、
U-35、第5スタートグループの人たちと一緒にスタート。

ジジィが混じってスイマセン。

と、
いざスタートしてみると、
どうもチップ計測していない模様。
どうやらグロスタイム方式?

ということは自分のスタート時間は第2グループ扱いですよ。

何分前に第2グループがスタートしたかわかりません。
その差のせいで、入賞を逃したらどうしよう?
などとお決まりの心配を一通りしておいて、
妄想終了。

順位を気にするような脚力じゃないだろ、と自己ツッコミして、解決。
自己計測ができていれば十分。

さーて、国内最標高差ヒルクライム、堪能しますよ。

ここから、1800mの高度を登ります。



周りに人がいると、なんとなく気がまぎれて、
結構楽に中間地点の高鉢ゲートまで。
試走の時より速く走っているはずですが、
その時より楽な感じ。


高鉢ゲート手前あたりで、ウィダーエネルギー1本摂取。
走りながらふたを開けるのに手間取りました。

あと残り半分、きっついところが頻繁に出てきますが、
そういうところは無理をしないようにして、
淡々と登ります。

ミクさんとそに子の遭遇に遭遇。

髪色と背景色が反対になってるんですね。

しつこくもう一枚。

コレ撮るために、足使っちゃいました。
愚かな行為なれど、意味のある行為。

森林限界を抜けると一気に視界が開けます。
湿度も低く、空気中のチリも少ないので、
空がまぶしいです。


天国はもうすぐ。

空気も薄くて、本気で死にそう。
シャレになりません。

あそこがゴール。

ミクさんには届きませんでした。

後半はきっついながらも、
そのきつさを楽しむくらいはできました。

手もと計測。


2:06:13

今の調子からいけばこんなもんでしょう。
上出来上出来。


公式リザルトは
2:13:04 でした。

第2グループと第5グループのスタートの時間差が7分だったので、
手測り、なんて正確。

無事に下山して、
これにて終了。





2013/09/30(月) /  イベント

キング富士直前

夏の間、
62分などというタイムでヤビツを登ったオイラですが、
気温、湿度とも快適になってきた つい先日、
春先以来の45分切り。

このくらいのコンディションなら、
楽しく追い込んで登れます。



キング・オブ・ヒルクライム富士山は長丁場なので、
そこまで余裕は持てないでしょうけど、
まあ、なんとか楽しめそうな気がしてきましたよ。

あと1週間。
このコンディションを安定させたいですね。





2013/09/23(月) /  ツーリング

掲示板終了

ついに「骸なる掲示板」がサービス停止。

長い間、お疲れ様でした。



2013/09/16(月) /  日々

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ