パズルピースがこんなとこ

シマノ鈴鹿終了

シマノ鈴鹿終了。

自分が出たのは、2日目の「1時間サイクルマラソン」。
集団についていくとかそんなレベルじゃなくて、
もう、コース左端の一人旅。
先頭集団に3回ほど抜かれましたな。

結果、全体の7割くらいの位置でゴール。
ま、そんなもんでしょう。
平均速度が、29kmを少し超えるくらい。
ま、そんなもんでしょう。

うむ、遅いな~



今年は仲間内の落車ナシ。
無事これ名馬。
自分で言ってちゃダメかな。



2011/08/30(火) /  イベント

シマノ鈴鹿

昨日のブエルタ第6ステージは盛り上がりましたね。
見どころ満載。
カンチェラーラに、
「踏むな~、もう勘弁してくれ!!」
と思ったのは初めてです。

で、まあ、
自分の話。
明日から、「シマノ鈴鹿」です。

びっくりするほど、練習ができていないので、
「参加することに意義がある」状態ですが、
まあ、
楽しんできます。



2011/08/26(金) /  イベント

カーズ2

また見てきました。
「また」ということは、2回目以上ということですね。
2回目です。
最近は環境的に、映画に行きにくくなったので、
これ以上、劇場で見られるかビミョーですが、
何とか、もう一回は行きたいところです。

とにかく、もう、あんぐり。
どうやったら、あの脚本を作ることができるのか、
本当にもうさっぱりわかりません。
神のみわざ、絶妙なバランス感、鋭利な刃の上を歩むが如く。

でもきっと興行的には、たいしたことにならないでしょう。

マテルのミニカーを買って、お布施することにします。



と思ったら、世間的には、結構、厳しい評価なんですね。
賛否まっぷたつ。
否定派の意見は、なるほどなあ、という感じ。
確かに、そのとおり。
この映画を見に行く時に、
何を期待しているかで評価がかなり変わりそうです。

ネタばれします。



























今回のお話は、
メーター主役のスパイ物。

つまり、そういうことです。
マックイーンは脇役です。

まあ、宣伝でも言っているので、
ネタばれでもないですか。

この物語は、「カーズ」の正統的な続編の「カーズ2」ではなくて、
「カーズ」のサイドストーリー的な「カーズ2」です。

マックイーンのその後の物語を期待していた人には厳しいかな。
この話はカーズでやる必然性がない、というのも一理アリ。

でも、
「カーズ」は、マックイーンとメーターの物語であったので、
今回の主役がメーターであることは、
さほど違和感がありませんでした。

そして、スパイアクション物。
本来なら、「インクレディブル」とかでやるべきネタですが、
車自体がスパイ行為をすることによって、
スパイ物に欠かせないカーアクションに、
何のステップを踏む必要もなくダイレクトに入っていける、
その着想。

これは、カーズでこそやるべきネタだ、と思いました。
作り手側も、
如何にテーマが薄くなったとしても、
その魅力に抗しがたかったのかなぁ、と。

とにかく、カーアクション(?)がかっこいい。
本来、人がやるアクションまで車にやらせているわけなので、
ニヤリとするネタのオンパレード。

たしかに、
「死」に関しての話は、
ピクサー映画に期待するレベルが、
作り手側と観客でズレてきてるのかな、とは思います。

「インクレディブル」は、少し超えたかな、と思いましたし、
今回も「カーズ」でここまでやっていいのかな、と思いました。
だからこそ、
冒頭のキューブは、作り手側の意思表示だったんだと思います。
今回はここまでやりますよ、と。

子供向け、だからといって、
その世界から「死」を排除するのもおかしな気がするし、
「ニモ」のエンディングなんかを見るとわかるように、
ピクサーはもともとブラックなところをもつ制作集団ですし。

今回の「カーズ2」。
難しいテーマなんかは、バビュンと後方へ置き去って、
スピード感あふれる、映像の洪水に身をゆだねるのが吉、ですね。
大ネタのところに何箇所か、重大な突っ込みはありますが、無視。
それも後方へ置き去り。

個人的には、
パフュームとインディペンデンス級でオールオッケー。
まじめな評論、考察、無用。




2011/08/20(土) /  映画

カーテン本体

まだまだこのネタで引っ張ります。
グリーンカーテンの、そのもの。

というか、ネタの切り出し方がセオリーと逆ですか。
ムシ、収穫物、本体。
どうして、ワキから攻めるのか。

まあ、さておき。
グリーンカーテンを裏側から見た所。


アサガオのあたり。


ゴーヤのあたり。


アサガオの花。


ゴーヤの花。


ゴーヤの花?いえいえキュウリの花です。



2011/08/14(日) /  日々

カーテンの副産物

こっちが文字通りの、本来の、
グリーンカーテンの副産物。


キュウリは7月中旬ごろから、収穫できるようになりました。
最近は株の寿命が尽きてきた感じ。
そろそろ、収穫もおしまいのようです。
1か月、楽しませてもらいました。


ゴーヤは、なぜだか成長が遅くて、
キュウリとは逆に最近やっと収穫開始。

またまた、なぜだか、色が濃くなりません。
苦味が少ないかな、と、なめてると大間違い。
きっちりとゴーヤしてました。


定番メニューでいただきます。



2011/08/12(金) /  日々

カーテンの訪問者

ここ数日、夏らしい天気が戻ってきて、
やっと、グリーンカーテン本来の機能を発揮してます。

グリーンカーテンの副産物としては、
キュウリとゴーヤのありがたい収穫がありますが、
もういっちょ、副産物。

多種多様な昆虫がやってくること。

ムシ嫌いな人には申し訳ない話ですが、
どこに何がいるか、探しているだけで、非常に楽しい時間を過ごせます。
仕事を忘れるので、かなりキケン。

近隣の畑に迷惑がかかるため、
ウリハムシとエビガラスズメなんかの青虫は駆除しちゃいますが、
そのほかはなるべく放置。
カメムシは悩むところですね。

よくやってくるのは、
チョウ、ハチ、テントウムシ、カゲロウ、
アリ、ガ、カマキリ、コガネムシ、カメムシ、クモ、
その他、ホントによくわからない虫たち。

そんな中から、ちょいと写真を撮ったやつ。


ミツバチ。
こいつらがいないと、キュウリとゴーヤが困っちゃいます。
感謝。


コメツキムシ。
いっぱいいます。
汁を吸ってるのかな~?
何を食べているのか不明。


オンブバッタ?
葉っぱを食べちゃいますが、まあ、放置。


アオドウガネ。
コガネムシは害虫らしいですが、まあ、こいつも放置。


カタツムリ。
なんか、ほほえましいですね。


珍客、サホコカゲロウ(オス)。
ちっちゃいんですよ。胴体部で1cmあるかないか。
びっくりする美しさ。
こういうのを見つけられるとうれしいですね。



2011/08/11(木) /  日々

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ