FC2ブログ
パズルピースがこんなとこ

シマノ鈴鹿・2018

行ってきました、シマノ鈴鹿。



今年は 1時間サイクルマラソンと 2周の部 に参加。


まずは 1時間サイクルマラソン。


友人の撮ってくれた一枚。
アリガタ。

ここのところの調子では
先頭集団についていけるはずもなく
速度域の合う人たちと小集団を作ったり一人旅だったりの
一時間。

全体の1/3くらいの位置でゴール。

平均速度は 32kmほどでした。
1時間走ってこのくらいなら悪くないかな。


3時間休憩して 2周の部スタート。



1時間を走って、アシが温まったのか
そこそこ押していける感じ。

もとより2周の短距離なので
自滅覚悟で踏んでいきます。

さすがに先頭にはついていけませんが
気持ちよく力を出していけました。

先に出た組の先頭集団に抜かれるときに
自分の右横に位置したその集団内で大落車発生。

巻き込まれそうで結構ひやっとしました。

落車しちゃった皆さん
軽いケガで済んでいればいいんですが。

全体の真ん中あたりでゴール。
平均速度は36kmちょい。

久しぶりに出し切った感がありました。
結果はともかく 大満足。


何故か今年は人の少ない印象。


バイクラックもこんなガラガラな感じ。

真面目に ディアブロで参加。


開催2日間、
直前の酷暑がウソのような爽やかな天候。

絶好のレース日和でしたね。

参加した皆様、お疲れさまでした。


1年間サボらずにマジメに走りこんで
来年は平均速度39kmあたりを目指せたらいいなぁ。





2018/08/21(火) /  イベント

Mt.富士ヒルクライム・2018

行ってきました、Mt.富士ヒルクライム。
今回も仲間4人との、計5人。

2014年大会以来の4年ぶり参加。

今回はこれといって狙いもなく
久しぶりだし まあ、とりあえず走っとくか、
という程度の モヤッとした感じ。

天気もモヤッとした感じ、というか
モヤッてます。



午後から本降りになる予報です。
遅いと雨降りをくらう罰ゲーム。


今回は固定カメラ以外での走行中の撮影が禁止されているので
レース時の写真はナシ。

これはスタートライン直前、
路肩に停車して撮りました。


スタートラインを越えたらガチ。

といっても やっぱりイマイチな調子。

辛くはないですが推していける感じもなく。

ガマンして走っていたらスイッチ入るかな、と
一縷の望みを抱きつつ足を回しますが
ずっとモヤモヤした状態。

そのままゴール。

結局、1:34:27 でした。



今回の相棒。

こんな調子でもそこそこ楽しく上れたのは
コレのおかげかな。

下山時、少し降られましたが
危ないこともなく無事終了。

来年はモヤッとしない90分切りいっときたいものです。




以下、過去記録まとめ。

01 2004 --

02 2005 01:23:19 C4・ジョーカー

03 2006 01:33:51 コルナゴ・C50

04 2007 01:26:54 コルナゴ・C50

05 2008 --

06 2009 01:37:08 クライン・アイオロス ブルーリング

07 2010 01:38:34 ケストレル・500sci ブルーリング

08 2011 01:46:31 ケストレル・500sci

09 2012 --

10 2013 01:23:03 ニールプライド・ディアブロ ブロンズリング

11 2014 01:26:29 クライン・アイオロス(2代目) ブロンズリング

12 2015 --

13 2016 --

14 2017 --

15 2018 01:34:27 クライン・アイオロス(3代目) ブルーリング






2018/06/11(月) /  イベント

グランフォンド丹沢・写真

「グランフォンド丹沢」の写真。

いつも通り、お忍びで来てる人もいないと思うので
ぼかし、モザイクなしでご了解。

写ってる人はもらってやってください。



真ん中にチャプター2・テレが。
ニールプライド好きなら気になるところですよね。





















後ろに付かせてもらった(勝手に)健脚の方々。
せっかくなので撮影。
お礼になるといいんですが。









2018/05/22(火) /  イベント

グランフォンド丹沢・その2

ここからは道志みちを走り、

CP-05
CP-06
を経て
CP-07
まで
1300m上ります。

ムリに踏まないように回していきますよ。

まずは417m上って、
CP-05到着。


ここで足切りまで60分。
おお、稼いだ。

まあ、上りだから
時間に余裕を見てあったんでしょうね。

CP-06道の駅どうし。
足切りまで120分!

ヨユーが出てきたので
がっつり補給。


他にも肉団子があったんですが
あっという間に胃袋の中に消えました。

肉団子は飲み物。

こういうイベントのタンパク質は
ありがたいですね。


さてここからが天王山、
道志みち最高地点、山伏峠を目指します。

山伏峠、全国にいったい幾つあるのやら。


アシが慣れてきたのか、補給が効いたのか、
そこそこ気持ちよく登坂。

山伏峠、到着。



トンネルをぬけると
ヒャホーイ。



CP-07到着。

ここの補給はソフトクリーム。
気が利いてていいですね。



自分のはあっという間にかぶりついちゃったので
仲間のバニラを撮影。
自分はモカバニラを食べました。

あれ?デジャビュ?

おいしー。


ここからは震生湖手前までほぼ下り・平坦基調。

CP-08


CP-09


下り・平坦基調だから楽かと思いきや
結構な向かい風。

安定して飛ばしてる2人がいたので
付かせてもらいました。
ありがとうございました。


CP-10・松田町役場を過ぎると
おまけで組み込まれたぽい震生湖。

ここまで来て、また305m上ります。

さすがにもうヘトヘト。
最後のコンジョーで到着。


きっと震生湖駐車場からの
秦野と丹沢の風景を組み込みたかったんでしょうね。


ここから白笹稲荷の脇を通って
思いのほか
水無川の下流へ誘導されました。

これも水無川のきれいなところを見せたかったのかな?

ジミーな斜度の水無川脇を上っていきます。
もう50cmたりとも上りたくないのにw

ジミーな水無川の嫌がらせをやりすごし
カルチャーパークへ到着。



完走スタンプを押してもらい
ゴール。

所要時間、10時間9分。

走りました走りました。

この後、
塩焼そばとシュークリームを頂きました。

めちゃおいしかったです。



今回の機材。

ニールプライド・ディアブロ


今回の参加車両の中に
チャプター2のテレがいて
うれしくて写真を撮っちゃいました。
スイマセン。


これにてグランフォンド丹沢
終了。




2018/05/21(月) /  イベント

グランフォンド丹沢・その1

てなわけで、
行ってきました、
「グランフォンド丹沢 ~ヤビツ峠~」

走行距離145km、
獲得標高2677m、
制限時間12時間。

走行距離も獲得標高も
今の自分には大問題。

獲得標高ヤビツ4本分ぴったり。
キツー。

コースはメンドくさいので
イベントHPを見てください。

仲間と2人で参加。


2012年に出走した
グランフォンド軽井沢は
エイドステーションが4つでしたが
このイベントはエイドステーションを兼ねた
チェックポイントが途中10カ所。

スゴイ安心感。

事前には雨予報もついた当日、
雲が多めなれどちょうど良さげな天気。

ハルヒル、あずみのセンチュリーライド、佐渡ロングライド、
おまけに場所が離れすぎてるから問題ないとはいえTOJと
日本を代表する自転車イベントがひしめき合うこの日、
エントリーしてるのが自分たち2人だけだったらどうしよう、
と不安を抱きつつ会場のカルチャーパーク入り。

結構、人がいてビックリ。



この日開催の参加型4イベント中
一番ジミで、一番知名度が低く、
おそらく一番キツいこのイベント

コッチにやってくる おかしな人が
こんなにいるもんだなぁ、としばし感嘆。



5時、出走開始。



ただしヤビツまでは先導がつくようで
信号毎に足止め。

こんな感じ。


まあ仕方がないですね。


ヤビツへは
246号名古木側からではなく
農免道路を使って藤棚へ入るルート。


と、その農免道路でパンク。

初っ端からトラブル。

タイヤに残留物がなく目立った傷もなく
チューブにもわかりやすい傷がなく。

誰かが落としたゼッケン用の安全ピン?

そそくさとチューブ交換。

コーダブルームのサポートカーの皆様に助けてもらいました。
フロアポンプのおかげで迅速に復帰。

でもこのパンクのおかげで
ロングコースグループどころか
ショートコースグループの最後尾から
追走する状態に。

ニンゲンやればできるモンです。
気合が入ったせいか
いつもよりかなり速いスピードで登坂。

菜の花台のチェックポイントで仲間となんとか合流。



仲間と一緒にヤビツを上がります。



右手の指が自由に動かないので
昔よりカメラ操作が3倍くらいの時間かかります。
当然、危ない時間が増えるので
走行中の写真は少なめ。

もうここはコーナーから斜度からわかっているので
難なくチェックポイントへ。



ていうか
メチャ寒いんですけど。

慌ててウインドブレーカーを着こんで
裏ヤビツを走って次のチェックポイントを目指します。

丹沢ホームへの分岐位置に温度表示がありますが
表示「10℃」

マジか。

知らなきゃよかった。

ここのところの数日のバカ陽気ですっかり
油断してました。

チェックポイントCP-04到着。



ミネストローネをガタガタ震えながら頂きます。
ありがた。

ここの段階で足切りまで30分。

やばい、
意外と余裕がありません。

ここから道志みちの上りに入っていきます。





2018/05/21(月) /  イベント

グランフォンド丹沢・エントリー

5月20日に開催される

「グランフォンド丹沢 ~ヤビツ峠~」

にエントリーしました。

ヤビツ、と付いていますが
最初にちょろっと上るだけで
趣としては 丹沢一周グランフォンド、ですね。

同日、ハルヒルがあるので
参加者数がどうなのかが心配なところ。


距離 146.6km
獲得標高 2690m

けっこうキツー。
ヤビツ4本分か、、、

ヤビツ45分くらいでこなせていれば
アイオロス3代目で参加しても完走できると思いますが
最近の調子ではイマイチ不安。

安全パイで ディアブロ出撃かなぁ。

それでさえも 安全パイとは言い切りづらい体調。



そこそこ楽しめるように
トレーニングしておきますよ。





2018/05/10(木) /  イベント

HADANO MTB補足

「HADANO MTB Challenge 2018」

自分が出ることはないと思いますが
興味をもって、来年狙おうかな的な人向けメモ。

参加された方のブログでもさんざんネタになってますが、

当日、受付会場に行ってから
「スタート地点までは1時間くらいかかります」
というアナウンスをされたようです。

実際、大会のHPでは
会場とスタート地点の地図や情報が全く記載されていなくて
私有地を移動する関係上
ルートを公にしたくなかったのかな?
という感じもします。

おまけに
会場の野外活動センター 標高 330m
スタート地点入口の牛首 標高 626m

ほぼ300m上がるわけですね。

移動距離の正確なデータを持っていませんが
どうやら4-5kmくらい。

平均斜度6-7%
それもガレ場の。

移動じゃなくて、もう競技じゃん、て感じ。

実際のビジュアル。
会場側を向いてます。


こうやって登ってくるわけですね。


MTB押して、高度差300mを。

300mって ビル100階分なんですけど。

結局、自分が使った
戸川公園側の萩山林道から行く方がラクそうです。
大会側非推奨でも。


レースコースに関しては
大会側発表の高低表を見ればわかります。
フツーにヤバいコースですね。

周回部分で獲得標高、ざっと370mくらいはありそうw
ダート、ガレ場で。

マゾいコースです。

ここを5周とか、どんだけw
お気を付けください。





2018/03/21(水) /  イベント

HADANO MTB写真

「HADANO MTB Challenge 2018」

レースの写真

毎度毎度の。
こんなところにお忍びで来ている人もいないと思うので
ゼッケンなんかはそのまま。
写っている人はもらってやってください。

もっと撮れば良かったな。
























おまけ

葛葉の泉から牛首を ショートカットコースで目指す
ロード乗りの若人



迷いナシ。
メンタルもフィジカルも強いな~

補足:この日はレース用に開放されていましたが
 普段は入っちゃダメですよ、たぶん。





2018/03/18(日) /  イベント

HADANO MTB観戦

秦野でこっそり?開催された MTBのレース

「HADANO MTB Challenge 2018」

面白そうだったので様子見に行ってきました。

持ち出したのは最近ちょこちょこ使ってるコレ
20年前のMTB、マントラ。



レースコースへ、
戸川公園側からアプローチ。

萩山林道を使って観戦ポイントの牛首まで。



牛首の標高が626mなので
プチヤビツ、
斜度も結構きつくて

イベント受付会場の表丹沢野外活動センターから
牛首へ来るショートカットコースがあるらしく
そっちから来た方が良かったかな、と少し後悔。

MTBで助かった?


ゴールポイント。




ちょいとレースを観戦したので、
野外活動センターへ移動することに。

おいしいものがあるらしいですよ。


ショートカットコースを使います。

牛首から表丹沢林道。



そこから森林管理用?のダートへ。



て言うか
なんか おかしいですよ、このショートカットコース。

ガレ場の急坂が延々続きます。
自分は下り方向だからなんとかなってますが

レース参加者はレース前に
野外活動センターから牛首にココ使って移動したはず。



そういえば牛首626m
野外活動センター、、、、そんな標高ないよな?

途中のビジュアル。
牛首方向を撮っています。
これでもカメラ、少し上向き。



レース参加者のミナサマ
ご苦労様です。

野外活動センター側からアプローチしなくてヨカッタ。

葛葉(くずは)の泉に出ました。



野外活動センターへ。



地元の皆さんが盛り上げてくれてるブース。



狙ってたジビエは売り切れ。
そりゃ人気ですよね。

豚汁と おそば、焼きシイタケを頂いて帰路へ。
楽しい一日でした。

マントラで初めてダート走ったし!!


このイベント、継続すればかなり人気が出るかも。

自分にとっては、体力的にも技量的にもハードすぎますが
楽しめる人はめちゃくちゃ楽しいんじゃないかと思います。


レースの写真は この後上げます。





2018/03/18(日) /  イベント

チャリざんまい

この週は ミョーな倦怠感やら雨やらで行けなかったので
8日ぶりのヤビツ。



チョーシはイマイチな感じでしたが
50分を切れてたので ワーイと思ってましたが
これでワーイとか言ってちゃダメなことに気が付きました。


ヤビツ後、湘南バイシクルフェアへ。



ここ数年は来れてませんでしたが
知ってる頃よりブースが こじんまり?
ちょっとザンネン。

B級グルメのほうもちょっと こじんまり。



たらし揚げとソーキそばを いただきました。

ここのところ 風の強い日が多いですが
今日もそんな感じ。

距離的には大したことがない平地ランでも
かなり疲弊しました。

長距離やってないからかな。
ヤビツだけじゃなく長距離もやらないといけませんね。





2018/03/11(日) /  イベント

- Page Top -

プロフィール

鬼頭莫宏(きとうもひろ)

Author:鬼頭莫宏(きとうもひろ)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ